隠れた症状

いつも膝が痛くて…

という方、膝が調子がいい日は腰が痛い…

なんてことありませんか?

以前の自分がそうです(笑)

膝関節は動きの幅がせまく、曲げたり伸ばしたりしかできません。

ねじるような動きはできないんですね。

その膝の不具合をカバーしようとして他の部位、たとえば腰が本来の動きではない動きをして痛めてしまうということがよくあります。

その逆もありまして、そっちのほうが多いかもしれません。

人間のカラダはお互いに支えあって~カラダの半分はやさしさでできています♪

自律神経系の症状も同じようなケースがあります。

たとえば、目まいの方が薬で目まいをおさえると、急に肩が凝ったり、痛くなったり。

目まいの症状が抑えられると、原因のひとつである肩の不具合が表に出てくるんですね。

これはほんの一例ですので、ほかにも沢山あると思います。

そんなとき大事なのが、やはりカラダを「ゆるめる」です。

カラダをゆるめることで、痛みなどの不調や、目まいといった自律神経系の症状も改善されていきます。

暑い季節でクーラーなどでかえってカラダを冷やしていることもあります。

ゆっくり湯舟につかることでリラックスしてカラダがゆるんできますので、ぜひやってみてください(^O^)

整体

コメント


認証コード9782

コメントは管理者の承認後に表示されます。