力の抜き方

暑い日の次の日は雨で寒かったりと天気が安定しませんね。

カラダがゆるむといいことあります。とお伝えしています。

カラダが緊張して固くなっていると、自律神経が乱れやすくなりますが、体が緊張しやすい、またはゆるみにくい方の特徴として、カラダの力が抜けない方が多いです。

「リラックスしてくださ~い」といっても「リラックスしなくちゃ!」といって逆に緊張してしまったりと、自分もそんな経験あります。

チカラを抜くと聞くと簡単に聞こえますが、チカラを入れるよりも抜く方が難しいです。

ではそんなときはどうするか。

それは、「チカラをめいっぱい入れる」ことです。

は?という感じですが、チカラを入れたら、あとは抜けるだけです。

チカラをめいっぱい入れて、ため息をつくように息を吐いて、ダラリンとさせると自然とチカラが抜けます。

ため息と聞くと幸せが逃げそうですが、自律神経を安定させる息の吐き方とされています。

緊張してるな~とか、カラダにチカラが入っちゃってるなと感じたら、この方法試してみるのもいいと思います。

施術風景2男子

コメント


認証コード0342

コメントは管理者の承認後に表示されます。